未来こどもがっこう

未来こどもがっこう がっこうレポート

未来こどもがっこう がっこうレポート

特別カリキュラム

03/03
SAT

未来をみつめる
曼荼羅と出会う

未来のつくり方シリーズ第2弾
「未来をみつめる曼荼羅(マンダラ)と出会う」を3月3日に開催しました。
ネパールの文化や版画を見たり聞いたりしながら、
自分だけの曼荼羅(マンダラ)を描きました!


曼荼羅やネパールのことを色々教えてくれるのは、曼荼羅絵師のディポック先生です。

ネパールって一体どんな国なのかな?



ネパールってここにあるんだね!

他にも食べ物や首都カトマンズの様子も紹介してくれました。



初めて聞くことも多くて、みんな真剣に聞いています。

実際にネパールに行きたくなっちゃった?!(笑)



ディポックさん自身のことも紹介してくれました。

8歳のころから曼荼羅を描いているそうです。



絵師として王様の宮殿で働いていたことも話してくれました。みんな興味津々です。



ディポックさんが描いた曼荼羅も見せてくれました。

みんな実際に曼荼羅を見るのは初めてで、色々とディポックさんに聞いていました。



ここからは栗山由加先生にバトンタッチ!

「今日はみんなにも自分だけの曼荼羅を描いてもらいます~」



「まず最初に【未来のなりたい自分】について想像してみましょう」



「なりたい自分?そうだなぁ。。。」

いざ考えてみるとなかなか難しいですね。



「難しいなぁ、将来どんなことをしたい?」

友達と話しながら想像するのもいいですね!



栗山先生やサポーターの皆さんとも話しながら、だんだんと未来の自分の姿が見えてきた?!



おーっ!オリンピック出場!目指せ、未来のメダリスト!!



「んーっ、できたー!」

「みなさんできましたか?そうしたら次は、、、」



「自分だけのオリジナル曼荼羅を描いてみましょう」



「曼荼羅の中に、自分の名前と一緒に大切な人の名前をネパール語で書きます」



「ネパール語ってちょっと難しいなぁ。。。」



難しいネパール語のところはディポック先生がサポートしてくれました。



「名前のまわりには、さっきの【未来のなりたい自分】のところで考えた

大切にしたいことやがんばりたいことの絵を描いてみましょう」



「ふぅ~っ、名前を書き終わったーっ」

「次は絵を描かないとねー」



【未来のなりたい自分】をイメージしながら描く眼差しは真剣そのもの!



すごい、すごいっ!ネパール語、初めてとは思えないくらい上手に書けてる!

絵のほうもうまく描けてるねー。



完成まであと少し!ラストスパート!!



最後に色紙額に入れて完成です。



「みんなが描いた曼荼羅をお父さんやお母さんにも見せてくださいー」

世界で一つだけの曼荼羅、家で大事に飾ってくださいね。

未来こども文化祭
未来こども文化祭
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア