未来こどもがっこう

未来こどもがっこう がっこうレポート

未来こどもがっこう がっこうレポート

カリキュラム

02/11
SUN

バイオロギングって
なぁに?

「バイオロギングってなぁに?~海洋動物の目線で海の中のくらしを学ぼう!」が
2月11日に開催されました。カメに付けたビデオカメラの映像を見たら、
今まで知らなかったカメのくらしが分かりました!


【うみがめせんせい】こと、東京大学 大気海洋研究所の佐藤先生が

海に住む動物のくらしを色々と教えてくれます。

今日はよろしくお願いします!



「動物に小さいビデオカメラやセンサーを付けると、

今まで知らなかった動物のくらしについて分かることがあります。

そうして動物のことを研究する方法をバイオロギングと言います。」



初めて知ることも多くて、みんな興味津々です!



佐藤先生がウミガメの標本やカメのうんちの見本も持ってきてくれました。



「これがうんち?先生!何かが混ざっているよー。」

「これは食べた海藻がうんちの中に残っているんだね。」

佐藤先生が解説してくれました。



「それではカメラが付いたウミガメ(のぬいぐるみ)を動かして、

バイオロギングを疑似体験してみましょう。」



エサを探すためにウミガメを動かしてみると・・・



あっ!ウミガメに付けたカメラにエサが映った!

こうしてウミガメがエサを見つけたり食べたりしているところが

カメラに記録されていくんだね!



このカメはどんなエサを見つけたのかな?



実際にウミガメに付けられたバイオロギングカメラの映像も見せてくれました。

カメの頭が映っているね。



「それでは質問がある人はいますか?」

「はい!」「はい!」

時間が足りなくなるくらい、みんなから色々な質問があがりました。



この日はサメのクチをしたお寿司屋さん(笑)が

お寿司のネタとなる魚やカニも見せてくれました!



実際に触ってみるとどんな感じ?ヌルヌル?ザラザラ?



カニの足はどんな感じ?中はどうなっているんだろう?



バイオロギングカメラで記録できていないくらしの様子もまだまだきっとあるはず。

新しい【うみがめせんせい】がこの中から出てきて、

カメや海の生き物のくらし方を探求してくれたら素晴らしいですね!

未来こども文化祭
未来こども文化祭
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア