未来こどもがっこう

未来こどもがっこう がっこうレポート

未来こどもがっこう がっこうレポート

特別カリキュラム

08/25
FRI

サマーアドベンチャー
最終日

未来こどもがっこう夏のキャンプツアー企画、
「サマ―アドベンチャー~過疎市域との交流と大自然のキャンプ体験が~」が
8月23日~25日の2泊3日で開催されました!
最終日をレポートいたします!


今日も朝早起きして、すがすがしい空気を吸いに、川へ出かけます!



川で石切り遊びをしながら、朝ごはんへとお腹をすかせます。



朝ごはんはフレンチトースト!みんなで「いただきまーす」。



朝食のあと、地域のおばちゃんたちからこんにゃく作りを教えてもらいます。

こんにゃくはこんにゃく芋から作られること、みなさん知っていましたか?



皮をむいて茹でたこんにゃく芋を水と一緒にミキサーにかけてドロドロにして、大きなトレイに移し、みんなで混ぜていきます。

「かなり力が必要だー」とみんな一生懸命です。



混ぜたこんにゃくは、タッパ―に移して空気を抜いて平らにしていきます。

「うわぁ~凄いプルプルだ~~」と子どもたち。



表面を平らにした後、水を入れていきます。



そしてお店で売られているような大きさのこんにゃくの形に切っていきます。

「目印をつけないでどうして均等に切れるの??」。これが熟練の技なんですね。



小分けにしたこんにゃくをお湯で30分茹でて、水につけてこんにゃくが完成しました!!!



茹であがるのを待つ時間で、かまどでご飯を炊きました。

「おいしく炊きあがるかなぁ」。



ついて、お昼ごはんが完成しました。こんにゃくとても美味しそうですね。



みんなで美味しくいただきま~す。とご飯を食べようとしていると、



なんとそこに、神河町の山名町長が来てくださいました!

「神河町はどう?楽しい」「はい!とっても楽しいです!」と地域での交流は旅の醍醐味ですね。



お昼ごはんの後は神河町役場でお渡しするお礼のメッセージ作りです。

「みんなに教えたい!神河町のすてきなところ」を絵で描いていきます。



神河町役場で、副町長へお礼のメッセージカードの贈呈をしました。



さあ、いよいよこの子どもたちのサマ―アドベンチャーも終わりの時です。

水車を見たり、姫路城を見たりして姫路駅へ向かいます。



見ず知らずの人たちと一緒に、見ず知らずの場所で、地域の方と交流しながら自分で考えたり自分の力で何かを作り上げたり。

子どもたちにとっての二泊三日の大冒険は、子どもたちをちょっぴり大人にしたようですね。

また、キャンプのような企画ができましたら、みなさんも参加して下さいね!

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • google+でシェア