未来こどもがっこう

カリキュラムお申し込み

8/1SAT

伝える?ってなんだ?!COMMUNICATEせよ!

お申込み期間終了しました

カリキュラム概要

もしも世界に音がなかったら?もしも宇宙人が話しかけてきたら?

私たちはいつも声の「言葉」を使って、人に想いを伝えています。

しかし、世の中には言葉では切り取れない想いや考え、体験がたくさんあふれています。

では、そうしたものを伝えるにはどうしたらいいのでしょう?

「言葉」ではない方法で、自分の想いを伝える新しいコミュニケーションをみんなで一緒に考えてつくってみましょう。

日時
8月1日(土)
10:00~12:00(第1回)
13:00~15:00(第2回)
会場
柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)
人数
各回10名程度(事前予約制)
お申し込み状況により、当日枠が出る場合がございます。
対象年齢
第1回は小学校低学年(1~3年生)
第2回は小学校高学年(4~6年生)
小学生の保護者の方は、カリキュラムの受付までのお子さまのご引率をお願いいたします。
また、カリキュラム終了15分前までに会場にお越しいただき、お迎えをお願いいたします。
なお、カリキュラムを見学される場合は、会場脇にて、お静かにご覧ください。
参加費
各回300円
当日参加受付時にお支払いください。

カリキュラムの流れ

  • 伝えるについて考える

    視覚・身体・触覚・顔

    聴覚・味覚・嗅覚を

    伝えるための方法を選びます

  • つくる

    電子工作キットなども含めたさまざまな素材をつかい、新たなコミュニケーションツールをつくります

  • 伝える

    創作したコミュニケーションツールを使って、実際に伝えてみます



講師
和田夏実氏

1989年生まれ。5歳からモダンダンスを始め、和光大学で創作ダンスを学ぶ。
風の市プロデュースと齋藤徹で遠野物語を題材にした台詞なしのコンテンポラリー舞踊「牡丹と馬」を挑む。
以後、ピナ・バウシュ舞踊団の元ダンサー、ジャン・サスポータスと
「聴くこと・待つこと・信じること」で共演、2013年小野寺修二(カンパニーデラシネラ)の「鑑賞者」に参加。
表現者として新境地を開拓中。

イベント一覧