未来こどもがっこう

カリキュラムお申し込み

2/24 & 3/24SUN & SUN

未来のまち 私たちのわくわくリビング
〜かんがえる・そうさくする・はっぴょうする〜

お申込み期間終了しました

カリキュラム概要

どんなことができたら楽しいかな?
かべの形は?建物の形は?どんな機能が必要?
様々なテクノロジーをヒントに、
学校でも家でもない、子どもも大人も心地よい空間、
『わくわくリビング』を考え、表現し、
ダンボールや紙、布などの様々な素材を使いながら、
みんなの「わくわく」をカタチにしていきます。
今年4月から本格稼働する産業技術総合研究所の柏センターが
開催する産総研デザインスクール合同企画として
みんなで考えた『わくわくリビング』を
研究発表会で展示・発表いたします!

日時
2/24(日) 10:00〜16:00
3/24(日) 10:00〜15:00(予定)
※2日間のシリーズカリキュラムとなります。
会場
柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)
人数
20名程度
対象年齢
小学3年生から中学3年生
参加費
1,000円
※参加費は当日の受付時にお支払いください。

カリキュラムの流れ

  • 【2/24】未来はどうなる!?
    これからのテクノロジー

    ロボットや燃料電池、
    未来の感情評価など、
    すでに起こっている社会の変化や、
    最先端テクノロジーなどについて
    解説してもらい、
    わくわくの種を育てます。

  • 【2/24】「わくわくリビング」をカタチにしよう

    秘密基地、ロボットカフェ、
    AI図書館など
    未来のテクノロジーが
    可能にする「わくわく」する
    空間のアイデアを出し合い、
    イラストや図、言葉で表現し、
    様々な素材を使って
    カタチにしていきます。

  • 【3/24】みんなの前で
    発表しよう

    みんなのアイデアがつまった
    「わくわくリビング」について、
    産総研デザインスクールの発表会で
    産総研デザインスクールの
    みなさんと一緒に、
    街のひとにお披露目します。



講師
産総研デザインスクールのみなさま梶谷 勇 & 藤村 友美 & 嶋田 康章  

[産総研デザインスクールとは?]
産業技術総合研究所が立ち上げた「これからの社会で
ほんとうに必要とされること(共通善)」を探求し、
仲間とともに未来のくらしを創造する
「共創型テック・リーダー」を育むための教育プログラム」です。

(写真右)
産業技術総合研究所 人間拡張研究センター
生活機能ロボティクス研究チーム 主任研究員
梶谷 勇 
障害者を支援する機器や生活を支援するロボット等の
社会導入や評価手法に関する研究をしている。

(写真左)
産業技術総合研究所 人間拡張研究センター
認知環境コミュニケーションチーム 主任研究員
藤村 友美
専門は感情心理学、表情計測。表情による感情の
コミュニケーションや共感の研究をしている。

(写真中)
パナソニック株式会社 アプライアンス社
技術本郡 エアコン・コールドチェーン開発センター
開発第六部 第二課 主任技師
嶋田 康章
エネファーム(家庭用ガスコージェネレーションシステム)などに
搭載されている水素製造装置の開発に従事している。

イベント一覧